任意継続と国民健康保険どちらがおトク

会社を辞めた後、次の会社に勤めるまでの間、今までの保険証は使えなくなります。
どうするかと言うと、考えられる手段は3つあります。

  • a 配偶者が社会保険に加入している場合、配偶者の被扶養者になる
  • b 今までの健康保険に任意継続加入する
  • c 国民健康保険に加入する


このうち、aについては、そもそも配偶者が社会保険に加入していなければ使えません。
また、あなたが失業保険をもらう場合は、金額によっては扶養には入れません。
扶養家族に入ることのできる人の所得額については、全国健康保険協会(協会けんぽ)のホームページでご確認ください。


扶養に入れない場合は、bまたはcの手段をとることになります。
それでは、どちらの手段がおトクなのでしょうか?



(1)任意継続加入する


任意継続加入とは、辞める前の会社で2ヶ月以上社会保険に加入していた場合、辞めても最大2年間はそのまま健康保険に入り続けることができる、という制度です。

保険料がどうなるかと言うと、辞める直前の保険料の2倍になります。
なぜかと言うと、今までは会社が半額負担してくれていましたが、任意継続の場合は会社負担がなくなり、全額本人負担となるからです。

ただし、上限があり、標準報酬月額が28万円超の人は28万円として計算されます。

そしてもう1つ。
扶養家族が何人いても、保険料は変わりません。



(2)国民健康保険に加入する


国民健康保険に加入すると、保険料は前年の世帯全体の所得によって計算されます。
しかも、扶養という考え方がないため、世帯の人数に応じて「均等割」と呼ばれる保険料の上乗せがあります。
さらに、固定資産がある方については、「資産割」という上乗せがある市町村もあります。

前年の所得が多い人、家族が多い人、マイホーム等の不動産を持っている人は保険料が今までより上がる可能性が高くなります。



(3)どちらがおトクか


あなたのもらっている給料によって違いますが、標準報酬月額が28万円超の人や扶養家族が多い人は、任意継続に加入した方がおトクです。

若い独身の方だと、国民健康保険の方が安くなるかも知れません。
国民健康保険の保険料は市町村によって異なりますから、窓口で聞いてみるといいでしょう。

任意継続加入の手続きは、退職の翌日から20日以内に申請しないといけません。
退職後に任意継続に加入するおつもりなら、退職前から準備をしておいた方がいいでしょう。






社会保険加入を代行。お気軽にご相談ください。

社会保険加入の流れ   お客様の声



社会保険労務士、行政書士への無料相談   社会保険加入のお申し込み




社会保険加入のお申込み

社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み




下記の様な場合に当事務所をご利用ください

  • 社会保険加入を外注したい。
  • 助成金の相談もしたい。
  • 平日の日中に役所に行く時間がない。
  • 書類作成や手続きに不安がある。
  • 書類は作成できても、全体の流れがわからない。
  • 何かあったとき、すぐに専門家と連絡が取れるようにしておきたい。
  • 書類作成や手続きの仕方がわからない、手間や時間をかけたくない。



税理士、行政書士、社会保険労務士からの推薦

税理士、社会保険労務士、行政書士からの推薦




行政書士、社会保険労務士の守秘義務

行政書士・社会保険労務士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士・社会保険労務士は、正当な理由がなく、その業務上取り扱つた事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなつた後も、また同様とする。



行政書士+社労士、1つの事務所で手続き

行政書士の会社設立、社会保険労務士の助成金、労働保険加入、雇用保険、社会保険加入にも対応




社会保険加入のお申し込み

社会保険労務士、行政書士業務のお申込

申請・変更の代行を承っております。
御見積も無料とおりますのでお気軽にお申込みください。



社会保険加入のご相談

行政書士、社会保険労務士へのご相談

申請・変更に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。




社会保険加入の業務対応地域ご案内

対面しての社会保険加入業務は札幌市、北海道内に対応( 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市など)、当事務所まで来所して頂けるお客様や、出張をご希望のお客様に対応させて頂いております。特に札幌でのご依頼を多く頂いております。


社会保険労務士、行政書士業務の対応地域とお申し込み



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ